ANAの株主優待券の使い方の株式情報へ

ANAの株主優待券でお得な使い方

株主優待券が4枚手元にある場合、4人構成(大人2人、子供(3〜11歳)2人)の家族が使う場合の株主優待券の使い方を検証。

例:ある日の、東京ー広島 ANA 料金表(大人)

片道運賃 往復運賃 ビジネス
きっぷ
特割 旅割 株主優待
割引
37,290円 32,190円 29,490円 28,390円 16,690円 18,790円

 

ア. 株主優待券を売る

大手買取業者で買取価格2000円程度/枚
2,000 * 4 = 8,000円程度の現金化。

 

イ. 東京ー広島間の往復で、大人運賃に株主優待券を使う。

株主優待券4枚を大人2名の往復に使用。子供は旅割で搭乗させる。

大人株主優待*2名分*2路線+子供旅割*2名分*2路線
=18,790円*2*2+16,690円*2*2
=75,160円+66,760円
141,920円

ウ. 東京ー広島間の往復で、親子とも全て旅割を使う。

大人旅割16,690円*2名分*2路線+子供旅割*2名分*2路線
=16,690円*2*2 + 16,690円*2*2
=66,760円+66,760円
133,520円

 

エ. 東京ー広島間の往復で、大人に株主優待券を使う。

株主優待券4枚を子供2名の往復に使用。大人は最安の旅割。
大人旅割*2名分*2路線+株主優待子供割*2名分*2路線
=16,690円*2*2 + 18,790円*50%*2*2
=66,760円+37,580円
104,340円

概算ながら、イとエではじつに141,920-104,340=約37,000円の差額
家族4人が国内旅行をする場合、同一区間であっても大人に株主優待券を適用するよりも、子供に株主優待券を適用したほうがお得になる計算。

というのも子供運賃の場合、旅割の恩恵が受けづらいのが原因。
https://wb.biz.ana.co.jp/link/ch_nonchg/main.html

片道運賃の50%と、旅割の金額(大人子供関係なし)を比較して
安いほうを子供運賃として請求されるため、今回の例では
37,290円*50% と 16,690円とを比較。
安い16,690円が1名分の子供運賃として請求されることになる。

一方で、株主優待子供割にすると、株主優待プライスの50%引き。
18,790円*50%=9,395円。
端数切り捨ての9,390円が子供運賃としての請求。

同じ旅行でも株主優待券の使い方次第で、もっとお得になるかもです。